スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀世界☆ウィンタースポーツより 東方神起に夢中♪

2015-01-09

銀世界

白銀

…と言えば

スキー場

私はゲレンデ!
(o´∀`o)ノ














わぁ♪☆*。・゜*

チャンミン 雪

素敵な写真!















え?

スキー2015-3

『撮ったのは、この俺様だっ!』

って?









スキー2015-2

ちょっと情報を追ってない間に
ミノくんとスキー?!








一昨年は

チャンミン スキー2013

キュヒョンくんとだったよね?










いいなぁ~♪☆*。・゜*








あれ?

スキー 2015-4

スキーじゃなくって登山だったの?
\(◎o◎)/



うんうん。。。
ツアー前にケガしちゃ大変だものね!



寒そうだけど
帽子もとっちゃって大丈夫なのかな。



スキーなら一緒に行こうと思ったけど
登山は。。。やめとく~



ロッジで待っとくわー!
がんばってねー!
(^o^)/










楽しそうで何より♪
(*^ー゚)v -☆







ユノのスノボ姿もはっておこうっと♪

ユノ スキー
ユノ スキー2

こちらも楽しそう!
一緒にいるのは誰でしょうね。







私は、スノボは未経験ですが
スキー大好きでした!
(過去形 (笑)

スキー場 2


東方神起もはまる
スキー&スノボの魅力♪



なんと!
ライヴの魅力♪に通じるものがあるのです!





ウィンタースポーツ好きな方も
そうじゃない方も
よかったら少しおつきあいくださいね。
(*^ー゚)v -☆










まず

スキー&スノボの魅力は


1.白銀の世界
 まず、一面の真っ白なゲレンデの美しさとそこでの爽快感、リフトや頂上からみた景色の美しさや雄大さがあります。

白銀 2


2.滑走の快感
 朝一番、整備されたばかりで、スキーやボードの跡が一つもついていないゲレンデを滑るときの心地よさは格別のものがあります。
 滑走時は、ジェットコースターに似たゾクゾク感があり、また、真下に落ちるような感覚のする急斜面に向かうとき、恐怖心とともに、そこを滑り降りる時の快感、スリルを感じることができます。


3.スピード感
 風を全身に感じながら、ゲレンデを疾走するときの気持ち良さは、日常ではなかなか味わえません。

スノボ


4.新鮮な空気
 摂氏0度前後の空気は、冷たいだけでなく、清らかな気がしますが、この空気を胸一杯に吸い込むことで、リフレッシュできます。


5.スキルに応じた楽しみ
 たとえボーゲンしかできず、初心者コースしか滑れない時でも、スキルに応じた楽しみ方ができます。

ボーゲン


6.クタクタになれる
 朝食後の8時過ぎからゲレンデに出て、夕方リフトが止まる5時前まで、まるまる一日をゲレンデで過ごす。文字通り、クタクタになることができます。
 デスクワークの欠点は、心が疲れているにもかかわらず、身体が疲れていない点にあります。心と身体のバランスを取るために、身体を使うことが大切だと思っています。


7.筋肉痛も楽しみ
 日ごろ使わない筋肉を使うため、滑走後は、筋肉痛に襲われます。
 でも、この筋肉痛の痛さも、楽しみの一つになります。


8.夢中になれる
 急な坂に対峙している時は、どうこの坂を滑り降りるかを考えるだけで精一杯です。
 無我夢中で滑っている時は、日常のことは一切頭になくなっています。
 誰かと滑っていても、滑り降りている瞬間は、一人になります。他人のことは、眼中になくなります。

スキー 斜面


9.心と体が開かれる
≪スキーが上手になるコツは、ただひとつ。心を開き、からだを開くことだ。言い方を変えれば、雪と斜面と友達になることである。≫
 心を開き、からだを開く。雪と斜面に友達になってもらうことが大切です。だからこそ、心を閉ざしがちな人こそ、スキーがその心を開いてくれるのかもしれません。~後略~



10.温泉を楽しむ
 スキー場のある山の麓の多くには、良い温泉があります。疲れた身体が、温泉の湯に入ることで、癒されていくのを感じるのは、なんとも気持ちのよい時間です。


温泉街



(情報システム学会メールマガジン
『連載 プロマネの現場から・第59回 スキーの魅力』より)











そして

我らが東方神起ライヴの魅力は!





1.パールレッドの世界
 まず、一面の真っ赤な会場の美しさとそこでの爽快感、天井席からみた景色の美しさや雄大さも(笑)あります。

レッドオーシャン


2.歓声の快感
 開演一番、登場したばかりのふたりに、熱狂して叫ぶ歓声の心地よさは格別のものがあります。
 ふたりの名前を呼ぶ時は、ゾクゾク感があり、また、高いスタンド席では、落ちるような感覚の恐怖心とともに(?)そこでペンライトを振る快感、スリルを感じることができます(苦笑)

TREE.jpg


3.パフォーマンスのスピード感
 ステージのふたりの激しいパフォーマンスを必死に追い、全身に感じながら、酔いしれる気持ち良さは、日常ではなかなか味わえません。



4.新鮮な空気
 会場内の空気は、熱気に包まれていて暑いだけでなく、ユノとチャンミンと同じ空気を吸っているというだけで(笑)清らかな気がします。この空気を胸一杯に吸い込むことで、リフレッシュできる…と思いこみましょう!(笑) 


5.ペンのスキルに応じた楽しみ
 たとえ、ライヴ直前にファンになった初心者ペンでも、スキルに応じた楽しみ方ができます。


6.クタクタになれる
 グッズ並びのため、朝食後の?時過ぎから会場へ出かけ、夜、ライヴ終了後、規制退場でやっと外に出るまで…まるまる一日を会場周辺で過ごす。文字通り、クタクタになることができます(笑)
 デスクワークの欠点は、心が疲れているにもかかわらず、身体が疲れていない点にあります。心と身体のバランスを取るために、身体を使うことが大切だと思っています。

グッズ売場


7.筋肉痛も楽しみ
 日ごろ使わない筋肉を使うため、ライヴ後は、ペンライトを持つ腕と、立ちっぱなしの足の筋肉痛に襲われます。
 でも、この筋肉痛の痛さも、楽しみの一つになります。


8.夢中になれる
 ライヴ中は、ふたりの一挙手一投足を追うだけで精一杯です。

チャンミン 信じるまま

 無我夢中でふたりの姿を観ている時は、日常のことは一切頭になくなっています。

ユノ TREE 3

 誰かと参戦していても、叫んでいる瞬間は、一人になります。他人のことは、眼中になくなります。



9.心と体が開かれる
≪ライヴに酔いしれるコツは、ただひとつ。心を開き、からだを開くことだ。言い方を変えれば、ライヴ会場の全てと友達になることである。≫
 心を開き、からだを開く。会場とまわりのトンペンさんに友達になってもらうことが大切です。だからこそ、心を閉ざしがちな人こそ、愛する東方神起のライヴがその心を開いてくれるのかもしれません。

TREE ライヴ6


10.(可能な人は)打ち上げを楽しむ
 ライヴ会場のある都会には、良いレストランや居酒屋があります。疲れた身体が、美味しい食事や飲み物とともに、トントークで癒されていくのを感じるのは、なんとも気持ちのよい時間です。


乾杯










。。。どうでしょう?!


かなり無理やりなところもありますが
似ていませんか?



特に私的には8.夢中になれるに共感!
ヽ(*´∀`)ノ







学生時代、まだスキー初心者だった頃
仲間とリフトに乗ったものの
ひょんなことから自分ひとりで林間コースを滑り下りなければならなくなりました。

最初は『え~っ?!ひとりで~?』と思ったんですが
滑ってみると、これが楽しい!

林間コース

滑り出したとたん不安はどこへやら
ただもう眼の前に繰り広げられる
斜面を滑ることに夢中で

次はどんな景色が広がっているんだろう?!
どんな面白いコースが待ち構えているんだろう?!

頭の中はそれだけ。。。

ずっとずっと滑っていたい
永遠にこの道が続いていればいいのに





一瞬一瞬に夢中
非日常の世界!

TREE ライヴ4

快感でした。







もちろん友だちと一緒は楽しいのだけれど
いざとなったら、ひとりでもその世界に飛び込んでしまえるくらい好き!
あとはただ身をまかせればいいから♪

(困ったら、きっと親切な人がいる(笑)







これこそ
ひとりでTONEツアーに初参戦した時の私の気持ちです。

また
こんな楽しみを見つけられとは!
\(≧▽≦)/













いちおう大好きなスキーにも
ン年前に再チャレンジしたのですよ。
(^_^;)

滑れることは滑れたんです。。。

だけど転んだ後。。。

スキー 転ぶ

立てなかったんですーっ!
(>_<)(>_<)(>_<)



リフトの上から、下界での哀れな姿の母を見つけ駆けつけた、当時小学生の子どもたちに半泣きで助け起こされ。。。やっと悟りました。
もう昔の自分ではないと(爆)
m(__)m









だから今

日常のことも
他人のことも忘れるくらい
私を夢中にさせるものは
WITHツアーのみ♪♪♪
☆:・゚.*(*´>∇<)b*.゚・:☆


ユノ ラフマ

チャンミン ラフマ

スキーウェアっぽい?(笑)
とっても素敵ですが
もちろんこれはゲレンデマジックではありませんよ☆








まだまだ
見切れまでがんばるぞぉ!
o(`・ω・´)o







ランキングに参加しています♪
ポチッとしていただけましたら
とってもうれしいです。。。(*^_^*)
 ↓


素敵な画像と記事はお借りしています。ありがとうございます

拍手もとてもうれしいです
関連記事

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

**チ*sama

こんばんは~(*^^*)


> うちの息子、スノボに夢中で自分が滑ってる動画見せてくれます。

わぁ!見たい!見てみたいです~
スノボって、ストックと長い板がないぶん
さらに雪上で自由自在なイメージがあります!
爽快だろうなぁ~


> あまりにも好きすぎてトン一筋なものなので、友達呆れてます┐(´д`)┌

いいんですよ!(^_-)-☆
他人様にご迷惑をおかけてしなければ、どう思われようと。


> あの初参戦のライブ忘れられないですよね。

会場に一歩踏み入れたとたん
こんな世界があったのかと思いました!
\(◎o◎)/


私の WITHコン参戦は、名古屋と京セラドームです♪
福井(特に初日)も行きたかったんですが
家庭の事情で(笑)あきらめました。

福岡でのツアースタート♪ワクワクですね!
(≧▽≦)/


せっかくトンペン界がリリイベで盛り上がり中なのに
1月後半は、なかなかブログ更新できないかもしれません。
(ただでさえカメ更新なのに…(>_<)

やめるとか、インフエンザではないのでご心配なくね。(^_^;)

**チ*さんも体調に気をつけて。(^_-)-☆
プロフィール

かおるん

Author:かおるん
東方神起♪とバンビ♪をこよなく愛しています。
日々の暮らしの中で見つけた可愛いもの♪楽しいこと♪心に残った言葉などを思いつくままに(笑)綴っています。
(*^_^*)

最新記事
最新コメント
コメントについて
いつもありがとうございます。現在2か所の住まいを行き来しており、コメントのお返事が数日後になることもあります。(。・人・`。))
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
画像について
当ブログで使用させていただいている画像の出処は画像内にあります。
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。